広告
 

◆お知らせ◆


san038.jpg

散策家・志歌寿ケイト主催散策会を毎月開催予定です(リンク先をご覧ください)。

2005年10月08日

好きなタイプの商店街

 私が好きな商店街は、以下のような特徴のものです(あくまで、よそ者の視点で)。


1 生活のための商店街である

 商店街というのは、飲み屋街とか歓楽街とかいろいろあります。その中で、生活用品・食品・適度な飲食店などを含めた構成の場所がいい、という事です。スーパーや銭湯の有無は問いません。


2 一〜ニ本の道か十字路に店が集約されていて、道路が一車線である

 商店のある範囲が広すぎると、なんだか散漫な印象になります(店舗が少なくても、集約されてこその商店街)。また、対面した商店に行くのに、信号を渡っていくような通りだと、利便性に欠けてしまいます。二車線で歩道のないような所は、横断はできるかもしれませんが、危険でもあります。


3 寂れていても構わないが、整備清掃は行われている

 私は別に、栄えた商店街ばかりが好きなわけではありません。だけど、シャッター街でしかも荒れ果てた所は、ちょっと嫌です。閉まっているにしても、周辺は綺麗なほうが良いと思います。営業していても、生活との区別がなさすぎる店舗は入りづらい感じがします。また、せっかく整備した街灯や旗やカラー舗装がガタガタだったりするのなら、始めからやらないほうが良いというものです。


4 駅とは独立した地域の商店街である

 駅や駅ビルを中核とするのではなくて、住宅地内などで頑張っている商店街は、応援したくなります。そういった商店街は、ここまでの1〜3に当てはまる事も多いようです。知っている所では、中野区弥生町の川島通り、渋谷区本町ニ丁目の不動通りなどがあります(広域には新宿の周辺地域と言えますが)。


 いよいよ来週から、商店街歩きのスタートです。東京で一番いろんな商店街を歩いた男になります。多分。素敵な街に出会えますように。
posted by 志歌寿ケイト(しかすけ) at 20:15 | 考え事・雑記 | 更新情報をチェックする

2004年06月14日

テスト

※テスト投稿
posted by 志歌寿ケイト(しかすけ) at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 考え事・雑記 | 更新情報をチェックする
●電子書籍『写真でつづる 東京の商店街 2005年撮影編 I 』『同 II』発売中です。
ten2005-1m.pngten2005-2m.png



広告
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。